FC2ブログ














官能小説 居候と人妻 真弓(44)

最初から読みたい方はこちらから




ペニスが膣に入ってきた瞬間に、吐息混じりの甘い声が漏れる。


――ああ、やっぱり……拓実君のって気持ちイイ……それに……――


久しぶりというのもあるけれど、それだけじゃない。

コンドームを付けずに人間として自然のまま、人工的な物を一切身に着けずに繋がっているという事に妙に興奮してしまう。


「はァ……なんだかゴム無しでするのってドキドキするね。拓実君もいつもと違う感じする?」


「はい、生だと……真弓さんの中が温かいのがはっきり分かるというか……」


「それってゴムしない方が気持ち良いって事?」


「はい。」


「私も、この方が気持ちイイかも……ん……でも拓実君の全部入らないよ……前は全部入ったのに、久しぶりだからかな?」


二人の結合部を見ると、まだ拓実の陰茎は半分程しか真弓の膣に入っていなかった。


「そうかもしれないですね。」


「全部入った方が拓実君は気持ちイイでしょ?」


「あ、でも無理しなくても……」


「うん、大丈夫、してる内に入るようになるかも。」


「じゃあ……動くね。今日は私が拓実君を沢山気持ちよくしてあげるから。」


そう言って真弓は拓実の腹筋の辺りにそっと両手を置く。

そして拓実の上に乗った騎乗位の体勢でゆっくりと腰を動かし始めた。

背筋を伸ばして、腰だけを前後に動かし〝ご褒美〟を拓実にじっくりと味わわせる真弓。


「ん……ぁ……はァ……」


自らの動きで拓実のペニスを膣から抜き差しする度に、真弓自身の身体にも快感が走る。


「はァ……拓実君、どう?気持ちイイ?」


「はい……はァ……めちゃくちゃ気持ち良いです。」


興奮と気持ち良さで緩みきった拓実の表情を嬉しそうに見つめながら、前後に動かす腰のリズムを速くしていく真弓。


ヌチャ…ヌチャ…ヌチャ…ヌチャ……


同時に真弓の愛液の分泌量も増していき、二人の結合部から卑猥な音が鳴り始める。


「……真弓さん……スゴイ……」


拓実は自分の陰毛が真弓の愛液でベットリと濡れているのを見て、そのあまりの濡れ具合に驚いて思わずそう言った。


「やだ、言わないで……だって仕方ないじゃない、私もずっと我慢してたんだもん。」


「真弓さん……」


今まで見た事がない程アソコをグチュグチュに濡らして発情している真弓に、拓実の興奮はさらに高まる。


「ハァ……これ……もう全部入るかも……ン……」


まだ半分しか入っていないかった拓実の陰茎を、真弓はゆっくりと腰を落としてさらにアソコに挿れていく。


「ハァ……ああ……奥までくる……ハァ……」


そしてゆっくりと密着する2人の陰部。


「ン……ハァァ……全部入っちゃった……拓実君……ハァ……」


「はい……ぁぁ……コンドームなしだと本当に凄いですねこれ。」


「ね、拓実君と身体が一つになってるみたい……」


「本当ですね……ああ……俺、幸せです。」


「幸せ?」


「真弓さんと一つになれて、幸せです。」


「……拓実君……」


〝幸せです〟

拓実のその一言に、思わず胸がキュンとしてしまう真弓。

セックス中で、しかも生で繋がっているからなのか、拓実の想いが身体の奥にまで伝わってくる。

つい〝私も〟と、答えてしまいそうになるのをなんとか我慢して、代わりに真弓は優しく微笑んで拓実にまたキスをした。

そして再び腰を前後に動かし始める真弓。


「んっあっ……んっ……ハァ……あっんっ……」


「ああ……真弓さん……気持ち良いです……はァ……」


「んっんっああっ……拓実君っ……あっあんっ……ハァ……」


「ハァ真弓さん……すみません、俺もう……イキそうです……ハァ……」


2週間ぶりのセックスだから、拓実が早くイッてしまうのは仕方ない。

でも拓実からしたら、真弓がまだ一度もイっていないのに自分だけ射精してしまうのは申し訳ないと思ったのだろう。

〝すみません〟と早漏を謝る拓実が可愛かった。

真弓はまた微笑みながら、そんな拓実の頭を手で優しく撫でた。


「うん、いいよ、もう我慢するの苦しいでしょ?」


「……はい……ハァ……」


「いいよ、じゃあこのまま……私の中に出して。」


「……ほ、本当にいいんですか……?真弓さんの…中に出しても……」


「うん、大丈夫だよ、……私も、拓実君に中に出してほしいし。」


「真弓さん……」


「妊娠はしないから大丈夫だよ……だから、遠慮しないで沢山出していいからね。」


真弓は拓実の耳元でそう言うと、上半身を起こし、拓実が気持ち良く射精を迎えられるように騎乗位でさらに腰を激しく動かし始めた。


「んっんっあっ……ハァ……あっんっ……ハァ……」


自身も気持ち良さそうに甘い声を漏らしながら、綺麗にくびれたウエストと、女性らしい丸みを帯びた尻をリズミカルに振る真弓。

もうすぐ2週間溜め込んだ拓実の精液が、自分の中に放たれる。

それを想像するだけでドキドキが込み上がてきて、腰の振り方も自然と早くなっていく。


「ああ……真弓さん……イキそう……出そうです……」


真弓の身体の中で、射精直前の拓実のペニスがさらに大きく固くなる。


「んっあっはァ……うん、いいよ、きて……沢山出して……ハァ……あっんっんっ!」


拓実の腹に手を置き、グチュグチュと愛液の音を立てながら一生懸命腰を振りたくる真弓。


「んっあっあっハァっ!んっんっんッ!」


「ハァ……ああ……真弓さん……ハァ……!」


「んっあっ拓実君っ……あっんっんっ!」


2人のボルテージが一気に上昇していく。

そして……


「う゛っ……ああ……出そう……真弓さん!」


「んっハァッ!拓実君っ!きて!私の中に!」


「真弓さんっ……う゛ッ……イクッ……あああっ!!」


「あああんっ!!」


拓実は射精の瞬間、真弓を突き上げるようにして腰を浮かせた。

そして真弓の膣の中、その最奥に向かって、拓実は2週間溜め込んでいた濃厚な精液を射精し始めた。


ドビュッ!!!!ドビュビュビュビュビュビューーーーーッ!!!!


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 青春の人 佳代ちゃん
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2017/02/14 ] TB(0) | CM(12)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/02/23 20:48 ] [ 編集 ]

皆さん

皆さんコメントありがとうございます。

更新遅くなっちゃってすみません、もう少しお待ち頂ければと思いますm(__)m


[ 2017/02/23 00:42 ] [ 編集 ]

心無いコメントもありますが、無理のないペースで頑張って下さい。
いつも更新楽しみにしています。
[ 2017/02/23 00:40 ] [ 編集 ]

再開して早々止まってますが大丈夫でしょうか?
[ 2017/02/22 12:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/02/17 18:10 ] [ 編集 ]

メンメン先生待ってました!真弓の野外あたりも期待したいです。
[ 2017/02/16 08:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/02/15 20:14 ] [ 編集 ]

etizennyaさん

ご指摘ありがとうございます。修正しました。

コピーできないのは勝手に転載されないための対策でそうしています。ご理解頂ければと思いますm(__)m
[ 2017/02/15 18:49 ] [ 編集 ]

描写

あっさりいきましたね!
できれば真弓のおまんこ 、大/小陰唇の様子とか形、大きさ、中の様子(G スポットや内部がザラザラしてるかとか)などもしっかり書いてほしいです。
心理状態はもちろんですが。
精液まみれになっていく真弓の姿を楽しみにしています。
[ 2017/02/15 09:30 ] [ 編集 ]

お久しぶりです。
佳代ちゃん完結お疲れ様でした。

最近私も告白しまして、振られたモヤモヤを重ねて読んでいました。
相手の子といちゃいちゃしたいモヤモヤをまゆみで発散させます。
[ 2017/02/15 06:10 ] [ 編集 ]

早速の更新待ってました!!!
もうすでに勃ってしまいました!!笑
これから更新楽しみにしてます(o^^o)
[ 2017/02/15 03:08 ] [ 編集 ]

「拓実と身体が一つになってるみたい・・・」
真弓が彼の事を呼び捨てにするわけないですよ。

というか、指摘したい文章をコピーすることも出来ないんですね。あまりにも不便すぎます!!
[ 2017/02/15 02:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/883-fee5713d