FC2ブログ














女子大生 水野果歩(76)

ガチャ・・・

寝室のドアを開けて中に入る果歩。

先週とは違い、寝室には明かりが付いていた。

ベッドに腰掛けている富田。

果歩は恥ずかしそうにドアの前に立っている。

富田 「どうした?ほら、こっちに来な。」

果歩 「・・・・・・。」

身体に巻いたバスタオルの結び目に手をあてながら、無言で富田の前まで来た果歩。

富田はベッドに座ったまま果歩の顔を見つめる。

まだ恥ずかしそうに顔を背けている果歩。


富田 「身体に付けているタオル、とれよ。」

果歩 「ぇ・・・・・。」

富田 「裸じゃないとセックスできないだろ?」

果歩 「・・・あの・・・暗くしませんか?」

富田 「ダメだ・・・今日は君の身体を隅々まで見せてもらう。」

果歩 「富田さん・・・。」

富田 「君は俺とのセックスを求めた。今日は果歩ちゃんと俺の2人だけだ・・・恥ずかしがらずに俺に果歩ちゃんの全てを見せてくれ。」

果歩 「・・・・・・。」

富田の言葉を聞き、覚悟を決めた果歩。

ゆっくりとバスタオルの結び目を解く。


バサッ・・・・


果歩の足元に落ちたバスタオル。

明るい部屋の中で、果歩は富田の前に生まれたままの姿を披露した。

果歩 「・・・・恥ずかしい・・・。」

果歩は羞恥心から思わず両手で胸と下半身の中心を隠してしまう。

富田 「手をどけて。」

表情を変えずに果歩に指示する富田。

果歩は素直にその指示に従い、腕を身体の横につけた。


果歩の身体を下から上へとじっくり観察する富田。

富田 「・・・・・・・。」

果歩 「・・・・・・・。」

シミひとつない綺麗で白い裸体。

羞恥心で顔の頬をピンク色に染めている果歩は、いかにもウブと言った雰囲気をかもし出している。

先週、一晩中激しく富田に抱かれたとはいえ、果歩の身体はまるで汚れを知らないようだった。


富田はベッドから立ち上がり果歩の前に立った。

そして手を果歩の胸に近づけると、Dカップの乳房の先端、ピンク色乳首を強めの力で摘んだ。

果歩 「ンッ・・・・・」

富田 「乳首立ってるぞ、まだ何もしてないのに。風呂場で自分で弄ったのか?」

富田はそう言いながら、果歩の乳首を指で弾いたり引っ張ったりした。

果歩 「ン・・・ァ・・・・いえ・・・してません・・・。」

富田 「フッ・・・じゃあエロい事考えすぎなんだよお前は。」

果歩 「ぇ・・・・・?」


・・・お前・・・


富田の言葉遣いの変化に果歩はドキっとした。

男の人にそんな風に呼ばれた事はなかった果歩。

いつも周囲からは、『果歩』『果歩ちゃん』と呼ばれてきた。


・・・友哉にだって『お前』だなんて言われなかった・・・


『お前』・・・そんな風に呼ばれるのは不思議な気分だった。


富田 「どうせもう濡れてるんだろ?」

果歩 「・・・・・・・。」

富田 「後ろ向け。」

果歩 「ぇ・・・?」

富田 「後ろ向いて両手を壁につけろ。」

果歩 「は・・・ハイ・・・。」

いつもより強い口調の富田の指示通り、果歩は富田に背中を向けて壁に手をつけた。

富田 「脚広げてケツをこっちに思いっきり突き出せ。」

果歩 「・・・ハァァ・・・。」

真っ赤な顔で目を瞑りながら、脚を広げ富田の方へ腰を突き出す果歩。

富田 「もっと脚を広げて・・・背中を反らして・・ケツをもっと突き出せ・・・そうだ・・・」

果歩 「・・・ハァ・・・恥ずかしい・・・」

まるでグラビアアイドルのような色っぽいポーズをとらされる果歩。

もちろん今は裸の果歩、富田に女の恥ずかしい部分を惜しげもなく披露している事になる。

富田は笑みを浮かべながら、果歩のその姿を見つめている。


果歩は富田のどんな指示にも抵抗しないだろう。

果歩は感じている、自分の恥ずかしいところを見られる事に性的快感を感じている。


富田は見抜いていた、果歩がマゾヒストである事を。


両手で果歩の臀部を触り始める富田。

優しいタッチで果歩の尻の柔らかさを堪能する。

果歩 「ン・・・・ハァ・・・・」

そして富田は急にグッと果歩の尻たぶを掴むと、その割れ目を左右に大きく拡げた。

果歩 「ァ・・・イヤ・・・・。」

富田 「全部見えてるぜ?・・・ケツの穴まで全部。・・・マ○コは・・・やっぱ濡れてんな。」

果歩 「・・・・ハァ・・・。」


富田は片手の指先で果歩の背中をスーっとなぞる。

ゆっくりと背中の中心から尻の割れ目をなぞっていく指先。

そして果歩のアナルに到達したその指が、尻の穴をトントンと刺激する。

果歩 「ァ・・・ァ・・・・」

富田 「フッ・・・相変わらず敏感だな・・・。」

果歩 「・・・・・・あッ・・・」

富田は腰から手を離すと今度は背中から覆い被さる様に果歩に抱きつき、後ろから果歩の柔らかな乳房を両手で揉み始めた。

果歩 「ァ・・・ハァ・・・ァ・・・ン・・・。」

そして富田は果歩の耳元で小さな声で囁いた。


富田 「果歩・・・お前を・・・俺なしじゃ生きていけない身体にしてやるよ・・・」


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

ごめんなさい遅くなりました。
[ 2013/09/07 ] TB(0) | CM(2)

Re: 今夜は

そこまで行くのは長くなりそう・・・
とにかくこの夜はなりそうですね。

皆さんが下唇を舐めたりしながら読んでくれたら、僕としては成功です(笑)
[ 2010/09/17 17:28 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/17 06:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/89-971a45bc