FC2ブログ











居候と人妻 真弓(71)

最初から読みたい方はこちらから


「新田君!?……ど、どうして……」


真弓は身体を隠していた布団をギュッと強く握りながら、驚いた顔で目の前の新田にそう言った。

すると新田はニヤニヤと笑みを浮かべながら、手に持っている携帯を見せてきた。

それは真弓も見覚えのある携帯だった。


「そ、それ……拓実君の……?」


そう、新田が手に持っていたのは拓実の携帯。

という事は……


「じゃあ……もしかして、さっきのメールも……?」


「拓実の携帯が鳴ってたんでね、見たら真弓さんからだったから、俺が代わりに返信してあげたんですよ。」


「そ、そんな……じゃあ拓実君は……?」


「あいつはもうずっと前から寝てますよ、もう俺達とは飲みたくなかったみたいで早々に布団に逃げやがったんで。」


淡々と話す新田。

軽く頭の中がパニックになっている真弓は、この状況をまだ受け入れられずにいた。


「あいつ携帯が鳴っても全然起きなかったから、俺もどうしようかなぁと思ったんですけどね、でもこんな夜中に来る連絡なんだから緊急の用事だったら大変だと思ったんですよ。だから親切心でメールをチェックしてあげたんですよ。」


「……でも……だからって……」


「俺も最初はちょっとした悪戯のつもりで拓実に成り済ましていたんですけどね、まさか真弓さんからあんなお誘いを受けるなんて思いもしませんでしたよ。」


あんな誘い……

真弓はさっき自分が送ったメールを思い起こした。


〝エッチ、したいよ♡今から、ダメ?〟


真弓の顔がこれ以上ない程赤くなり、カァっと熱くなる。


――うそ……やだ……あのメールの相手が新田君だったなんて……――


「って事なんで真弓さん、お待たせしました、セックスしましょうか!」


そう言って新田はニヤニヤ顔で真弓がいるベッドに近づいてきた。


「ちょ、ちょっと待って新田君!ダメッ!来ないで!」


真弓は慌ててそう声を上げて新田を制止しようとした。

しかし新田はそれを聞いてはくれず、どんどんベッドに近づいてくる。

そして新田は布団から出た真弓の素肌の肩を見て、さらにニヤリと笑みを見せた。


「真弓さん、言った通りに裸で待っていてくれたんですねぇ、真弓さんもヤル気満々じゃないですか。」


そう言って遠慮なくベッドの上に座る新田。

真弓はそんな新田から逃げるように、布団で身体を隠したままベッドの端へ寄った。


「新田君違うの……あのメールは……その……」


「もちろん分かってますよ、真弓さんは相手が拓実のつもりでメールを送っていたという事は。」


「……」


「でも驚いたなぁ、真弓さんと拓実がまさかそこまでの関係になっていたとはねぇ。いやまぁ、こんな美人と同居してたらそりゃ童貞の拓実でも手出すか。
いや待てよ、真弓さんの方から拓実に手を出したって可能性もあるなぁ、どっちなんです?」


「……」


真弓は何も答えられず、ただ顔を赤くしたまま俯いていた。


「真弓さん、スケベなんですね。旦那さんのチンポより拓実みたいな高校卒業したての若いチンポの方が好きなんですか?」


「……イヤ……そんな事……」


「まぁでも、旦那さんも悪いっスよね、こんな美人な奥さんを置いて単身赴任なんかしちゃうんだから。真弓さんは今が丁度、女性が一番性欲旺盛になるくらいの年齢ですもんねぇ。」


「……」


「俺めっちゃ好きなんスよ、それくらいの年齢の女性が。だって一番綺麗でしょ、色気があって身体も良い具合に熟れてて。」


そう言いながらまた少しずつベッドの上で真弓に近づいてくる新田。

逃げ場のない真弓は、ただただ必死に布団で身体を隠していた。


「ま、待って新田君……」


そう言っても新田は聞いてくれず、真弓のすぐ隣にまで近づいてきた。

そして新田は続けてこう聞いてきた。


「拓実のセックスで満足してるんですか?」


「……」


「あいつ童貞だったし、経験少ないでしょ?そんなんで真弓さんを満足させられてるとは思えないんスよねぇ。」


真弓は恥ずかしくて何も答えられなかったが、心の中では思っていた。

〝そんな事ないわよ〟と。

真弓は拓実とのセックスで、初めてセックスの気持ち良さを知ったのだ。

それは今までのセックスに対する価値観が変わってしまう程の気持ち良さだった。

あの溶け合って拓実と身体が一つになる感覚。

これが相性が良いって事なんだって、感動すら覚えた。

だから真弓は拓実の事を……

セックスだけじゃない。真弓にとって今や拓実は特別な存在だ。

でもそれを新田に言う事を躊躇してしまうのは、真弓が人妻だから、なのかもしれない。


「こう言っちゃなんですけど、俺は真弓さんを満足させる自信ありますよ。」


「……そんな事……言われても……」


真弓はこの状況に困り果てていた。

新田は本気で迫ってくるし、自分は裸だし……どうしたらいいの……


――拓実君……助けて……――


しかしそう願う真弓の前で、新田はさらに本性を剥き出しにし始めた。


「ていうか俺にもヤらせてくださいよ、どうせ拓実と毎日ヤリまくってるんでしょ?」


新田はそう言って真弓が身体を隠すために被っていた布団を手で掴んできた。


「だ、ダメ!……新田君……ダメよ……」


「どうしてですか?真弓さんもヤリたいんでしょ?」


「だから……それは違うの……」


「俺が相手じゃダメですか?」


「……」


そうだよ、とも言えずに俯く真弓。

しかし新田もさすがに真弓の表情を見てそれは察したようだった。


「そうですか、俺じゃダメですか、へぇ、じゃあ真弓さんは拓実に本気で惚れてるんスか?ふ~ん、なんか嫉妬するなぁ。」


「……新田君……」


〝嫉妬〟という言葉と共に、少し落ち込んだような顔を見せる新田。

その様子を見て〝良かった、これで諦めてくれるかな……〟と真弓は一瞬安堵したが、それは違っていた。


「でもなぁ、俺ここまで来たら我慢できねぇっスよ、真弓さん。」


そう独り言のように言うと、新田はその場で立ち上がり、突然衣服を脱ぎ始めた。

いきなり目の前でシャツを脱いで上半身裸になり、さらに下も脱ごうとする新田に、真弓は当然驚いた。


「ちょ、ちょっと待って新田君!何してるの!?」


「何って、真弓さんだけ裸って訳にはいかないでしょ?」


そう平然と言ってのけ、新田は真弓の目の前であっという間にボクサーパンツ一枚だけの姿になった。

裸になろうとする破廉恥な新田から咄嗟に顔を背ける真弓。

しかしその時、恥ずかしそうに顔を背けながらも真弓はつい横目でチラっと見てしまったのだ。

どうしてそんな所に目が行ってしまったのか、真弓は自分でも分からなかった。

もしかして、真弓は本能的に気になって見てしまったのかもしれない。

真弓はチラッと横目で見た後、もう一度そこに視線を送った。そして目を丸くした。

そう、真弓は見てしまったのだ、新田の、ボクサーパンツが破れてしまうのではないかと思うくらいに大きく膨らんだ股間を。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 吉井香苗
官能小説 青春の人 佳代ちゃん
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 成宮恵理
家庭教師 小森千佳
官能小説 居候と人妻 真弓【未完】
官能小説 人妻 響子【未完】
【寝取られ】人妻 優子【未完】
官能小説 痴女子大生 志乃【未完】
短編
官能小説ランキングへ
[ 2017/10/05 ] TB(0) | CM(20)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/08 04:25 ] [ 編集 ]

優奈さん

ありがとうございます( ◠‿◠ )
[ 2017/10/08 03:06 ] [ 編集 ]

楽しみに待ってます!
[ 2017/10/08 02:22 ] [ 編集 ]

すみません

> 更新予定時間教えてくれませんか??

時間は何とも言えないです。書き終えて修正チェック出来次第アップするつもりです。
[ 2017/10/08 02:18 ] [ 編集 ]

更新予定時間教えてくれませんか??
[ 2017/10/08 01:15 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/08 00:47 ] [ 編集 ]

期待ハズレ

そか
[ 2017/10/08 00:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/07 23:59 ] [ 編集 ]

すみません!

ホントに申し訳ないのですが、今日も間に合わなくなっちゃいましたm(__)m

エロシーンで苦戦中です……

ダメですねぇ(*_*;

とりあえず、今必死に書いてますので、もう少々お待ちをm(__)m
[ 2017/10/07 23:19 ] [ 編集 ]

応援してます
[ 2017/10/06 23:51 ] [ 編集 ]

今日もm(__)m

すみません、今日も間に合いそうにないですm(__)m

夜中か明日か……
[ 2017/10/06 23:29 ] [ 編集 ]

いつでも挿入OKダヨ💛 (真弓さんのおまんこ)
[ 2017/10/06 09:19 ] [ 編集 ]

盛り上がってきましたね

明日も楽しみです
[ 2017/10/06 07:11 ] [ 編集 ]

アイテムの有効活用

真弓の素肌の肩を見て、裸と新田が察知したけれど、まさか新田がくるなんて思っていないし床に脱ぎ捨てたままにしていた脱いだばかりの下着を新田に拾い上げられ、
「ブラ、大きいっすね。なにカップですか?」
「小さいパンツはいてるんですね」
「両方いい匂い」
こんな台詞があれば、もっと興奮できましたよ。ますます追い詰められる真弓さん・・・。もうヤラないとしょうがないですよね。

下着は布団の中にあるんでしょうね。新田に見つけられて取り返そうとして腕を伸ばして布団がめくれ、おっぱいぽろりで・・・。
[ 2017/10/06 01:56 ] [ 編集 ]

これから新田にどう落とされるのか…楽しみです!
[ 2017/10/05 23:45 ] [ 編集 ]

連日更新で嬉しいです!
明日も楽しみです。
[ 2017/10/05 23:40 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/05 23:36 ] [ 編集 ]

早くバックで、ぶち込んで
[ 2017/10/05 23:25 ] [ 編集 ]

更新お疲れ様です
頑張ってください
[ 2017/10/05 23:18 ] [ 編集 ]

遅れてしまってすみません、昨日は結局途中で寝ちゃってました……m(__)m

一応、明日も更新予定って事で頑張ります。
[ 2017/10/05 23:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/942-91ec7349