FC2ブログ











居候と人妻 真弓(72)

最初から読みたい方はこちらから


「真弓さん、さっきからどこ見てるんですか?俺もそんなにジロジロ見られたら恥ずかしいじゃないですか。」


自分の膨らんだ股間に視線を送る真弓を見て、ニヤニヤしながらそう言う新田。


「えっ……ち、ちが……!」


指摘されて真弓は慌ててまた視線を逸らしたが、その反応は逆に新田を喜ばせるだけだった。


「真弓さん、やっぱりこれが好きなんですね?」


そう言いながらボクサーパンツの上から自分の股間の一物(いちもつ)を握って見せる新田。


「や、止めて……新田君……」


「止めてって何をですか?」


「だから、その……」


また新田の股間を見て言葉が詰まってしまう真弓。

膨らんだ股間だけではない、真弓は新田のその大きくて逞しい身体にも圧倒されていた。

日焼けして黒い肌、分厚い胸板、ボコボコに割れた腹筋。

太ももは大きな筋肉で覆われ、腕も脚も太い。

スポーツで鍛え上げられたその肉体は美しくも見えるけど、それ以上に新田からは肉食系の野獣のようなオーラと迫力を感じた。


「真弓さん、これ見てくださいよ、俺のこれどうなってるか分かりますよね?どうなってます?ねぇ?」


「どうなってるって……」


「分からないですか?しょうがないなぁ、じゃあこれも脱いで見てもらうしかないですね。」


そう言ってボクサーパンツに手を掛けて下げようとする新田。


「ちょ、ちょっと待って!もうそれ以上脱がなくていいから!」


「いいじゃないですか、俺は真弓さんに見てもらいたいんですよ。」


「なに言って……私困るよ、そんなの……」


「困る?チンコ見ると欲しくなっちゃうから困っちゃうんですか?」


「そ、そういう意味じゃなくて……」


「そういえば拓実も結構巨根でしょ?サッカー部でもあいつの巨根は有名でしたからね。」


「……」


拓実のペニスの事を聞かれ、ただただ恥ずかしくなって黙ってしまう真弓。

あんなメールまでしてしまった後では、知らないなんて言えなかった。


「真弓さん、ぶっちゃけ巨根が好きなんでしょ?」


「……」


「旦那さんより大きい拓実のチンコに嵌っちゃったんですか?」


「……」


こんな質問、適当に否定すればいいのに、真弓はただ顔を赤くして黙ってしまう。

それは図星だったから。

拓実と関係を持つ前はペニスの大きさなんて気にした事はなかったけれど、今は違う。

物理的にもペニスは大きい方が断然に気持ち良いという事を身体で知ってしまったから。

あのアソコが大きく広げられる感覚、膣を擦られる感じも夫とのソレとは全く違った。

拓実と身体の相性が良いと感じるのは、ペニスの大きさも関係ある、というのが正直なところだった。

もちろんそれは人それぞれなんだろうけど、真弓自身は男性のアソコのサイズは大きい方が相性は良いんだろうな、という自覚はあった。

〝だって大きい方が絶対気持ちイイから……〟と。

だから新田に「巨根好きなんでしょ?」と言われても、咄嗟には否定できなかった。

そしてその新田は、続けてこう言ってきた。


「俺のも結構デカいっスよ、拓実に負けないくらい。」


それは、股間の膨らみを見れば分かる。

すごく……大きそう……


「……」


黙ったまま、また横目でチラっと新田の股間の膨らみを見てしまう真弓。


「俺のチンコも、真弓さんは気に入ってくれると思うんだけどなぁ。」


そんな事を言いながら、新田は少しずつボクサーパンツを下げていく。


「真弓さん、ほら、ちゃんとこっち向いて見てくださいよ。」


「……ダメ……止めて……」


「いいから、とりあえず見るだけ見てみてくださいよ、見るだけでいいですから。」


「……」


何を言っても脱ぐのを止めそうにない新田と、〝見ちゃダメ〟と思いながらも何度もチラ見してしまう真弓。

新田のボクサーパンツは、すでに陰毛が露出する程下げられていた。

やがて真弓は黙ってしまい、いつの間にか新田の股間をじっと横目で見つめてしまっていた。

新田は少しずつボクサーパンツを下げていきながら、なんだかんで自分の股間に視線を送っている真弓を見てニヤニヤしていた。

そして〝真弓さんは俺のペニスに興味を持っている〟それを確信した新田は、そこで一気にパンツを下げて、真弓の目の前で性器を露出した。

ボロン……と、長くて太いペニスが真弓の目の前に。

それを見た瞬間、真弓は思わず「キャッ……」と声も漏らして口に手を当てると、目を丸くした。



――えっ!?……こ、これ……スゴイ……――



明らかに驚いている様子の真弓を見て、ニヤつく新田。


「どうですか?巨根好きの真弓さんから見て俺のチンコは。」


「……ど、どうって言われても……」


「旦那さんのと比べてどうですか?拓実のと比べてどうですか?」


夫のとは比べ物にならないくらい大きい。


――……それに……拓実君のと比べても……――


拓実のペニスを初めて見た時もその大きさに驚いたけれど、新田のはそれよりもさらに大きいかもしれない。というより、明らかに大きい。

具体的には、長さは拓実のと同じくらいだったが、新田のは驚くほど太かった。

まず陰茎が太いのと、先端の亀頭もかなり大きい。

拓実のも太くて亀頭も大きかったが、それよりもさらに一回り以上大きいのだ。

と言っても、恐怖を感じるほどの人外な大きさという訳ではない。

こんな大きなペニスもあるのだと驚きつつも、拓実とのセックスを経験して大きなペニスを挿入される快感を知っている真弓にとっては、興味を惹かれるサイズ感かもしれない。


……あんな大きいの、アソコに入るのかな……

……でももしかして頑張ったら入っちゃうかもしれない……

……入っちゃったら、どんな感じなのかな……


と、思わず考えてしまうような大きさ。

それを一瞬だけ考えてしまった真弓は、もちろんすぐに頭を横に振ってそんな自分を否定した。

しかし新田はさらに驚くような事を言ってきた。


「デカいでしょ?でもまだもう少し大きくなりますよ、まだ半立ちなんで。」


まだ半立ち……そう言って自分のペニスを握る新田。


「MAXまで大きくしていいですか?」


真弓はそう聞かれてもダメとも嫌とも言えず、ただ恥ずかしそうにしながら黙って新田が握っているペニスを見つめてしまっていた。

新田はそんな真弓を見て笑みを浮かべると「じゃあ大きくしますね」と言ってペニスを上下に扱き始めた。

真弓は目の前でペニスを扱く新田を見て、胸をドキドキさせていた。

それは拓実のオナニーを覗き見していた時に感じた興奮に似たものだった。

いけない事をしている、見ちゃいけないものを見ている、という事に興奮してしまう。

見る見るうちにさらに大きくなっていく新田のペニス。

そして程なくして、陰茎は真上に反り返り、真弓の目の前で誇らしげに全貌を明かした。


――スゴイ……あんなに太かったのが……さらに……――


MAXまで勃起し、ガチガチに固くなった新田のペニス。

太い血管がボコボコ出て太さが増した陰茎。

亀頭は傘を開いたように大きくなり、カリ首の段差も大きかった。

色は全体的に赤黒い。

一見グロテスクに見えるが、拓実のペニスも同じように赤黒いから、嫌な感じはしない。

寧ろ赤黒くてグロテスクな色は、夫のような肌色に近いような色の綺麗なペニスよりも真弓の心を惹きつける。

新田のペニスは、拓実のよりもさらに黒さが濃いかもしれない。

新田の場合は太い毛が生い茂った股間周りの毛深さも相まってさらにグロテスクな見た目になっているが、それらからは拓実にはないオスらしさを感じる。

あと、よく見ると睾丸も拓実より大きいように見える。

拓実の射精は夫と比べるとかなり量が多いが、新田もあの中にたっぷりと精液が蓄えているのだろうか。

そして、やはり亀頭の大きさ。

真弓はあの亀頭のカリ首の段差が膣を擦る時にどれだけ快感を与えてくれるかを、拓実のペニスで知っている。

新田のペニスのカリ首には、まるで一度捕らえた獲物は逃がさないと言わんばかりの段差ができていた。


――……もし……こんなのでされたら……――


真弓は新田のペニスを見ながら思わず……ゴクリ……と生唾を飲んでしまった。

そして新田は、その真弓の喉が動くのを見逃さなかった。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 吉井香苗
官能小説 青春の人 佳代ちゃん
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 成宮恵理
家庭教師 小森千佳
官能小説 居候と人妻 真弓【未完】
官能小説 人妻 響子【未完】
【寝取られ】人妻 優子【未完】
官能小説 痴女子大生 志乃【未完】
短編
官能小説ランキングへ
[ 2017/10/08 ] TB(0) | CM(69)

ワタシ 待つわ~♪
[ 2017/11/07 10:37 ] [ 編集 ]

書こうとして書けないなら仕方ないですよ^_^;
最高の出来で出せばいいだけです。もしできないなら、もう一旦休載という形を取った方がいいと思います
[ 2017/10/15 21:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/15 15:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/15 15:02 ] [ 編集 ]

とりあえず更新してくださいよ!
完璧もとめすぎです!!
[ 2017/10/15 12:37 ] [ 編集 ]

更新がんばってください!
[ 2017/10/15 00:20 ] [ 編集 ]

仕事、プライベート共に自分で期限を設けたなら守るべきですし守れないのであればなんらかの発言はするべきだと思います。とは言え、一ファンですので更新を待つだけしかないのですが…
[ 2017/10/14 21:04 ] [ 編集 ]

メンメンさん更新早くお願いします。
[ 2017/10/14 17:24 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/14 17:11 ] [ 編集 ]

OKです٩( 'ω' )و
[ 2017/10/14 12:20 ] [ 編集 ]

OKです\(^o^)/
[ 2017/10/14 11:34 ] [ 編集 ]

更新がないとほんまに荒れるわーw
ようはみんな偉そうな事いってもスケベってことでOK?
[ 2017/10/14 11:31 ] [ 編集 ]

etizenyaと変態仮面は同一人物ですか?
[ 2017/10/14 10:53 ] [ 編集 ]

更新を急かすのは、傲慢だなと思います。

でも、例えばまだ執筆完了していなくて、更新できる確証がないのなら今日や明日などと明記はしないほうが良いのではないか?とも思います。

宣言されたのに更新がなければ、怒る方がいるのも理解できます。

かといって不快になるコメントを残す理由にはなりませんが…
[ 2017/10/14 08:33 ] [ 編集 ]

いやいや、更新してほしい。
ここまできて待てない。
頑張ってメンメン
[ 2017/10/14 06:17 ] [ 編集 ]

更新しなくていいです!!

73話を急いで書いて、その反動で74話が10月末になっても困るからね。
寒いんだし、ゆっくり休んで体調整えて、10話分ぐらいまとめて書いてから、2日や3日おきに更新されるのがベターなんじゃないかな。その間に次の10話分を考える・・・。それぐらいしないと、反乱分子を黙らせることはできませんよ。
一話の字数も制限したほうがいいかも。わたしは原稿用紙に下書きしてからパソコンに向かってましたよ。
もし文章に苦戦されるなら、Twitterに書くのも一つのやり方。字数が限られるのを逆手に取り、表現も難しく書いてられない分、ノリで殴り書きして、雰囲気が伝わればいいんだし。語彙を削る作業はなかなか大変だけど、次のツイートで補足すればいいし、一日になんども更新できるのは逆にストレスにはならないのかも。

10月は執筆月間で11月から再開でいいと思いますよ。その間は反乱分子の人たちに頑張ってコメを送ってもらいましょう。
メンメンさんには耳が痛いコメだろうけど、そういう人たちの意見も参考に、そして寛容に受け止めてみんなで仲良く盛り上げていければいいですよね。今日は寒いんでもう寝てくださいね(*^_^*)お疲れさまです
[ 2017/10/13 21:27 ] [ 編集 ]

大丈夫ですよ。
頑張って下さい。
[ 2017/10/13 21:21 ] [ 編集 ]

皆さんすみません。

皆さんすみません。
毎晩パソコンに向かってはいるのですが、ちょっと苦戦してしまってなかなか進まない状態です(*_*;
もう少々お待ち頂ければと思いますm(__)m

まぁその、少々ってどれくらいかって話なんですけど、いつも書き始める時には今夜か明日には更新するぞ!という気持ちでやっているのですがなかなかその通りにならなくて……。

かと言って今までみたいにズルズル何週間も間を空ける訳にもいかないので、とりあえず今夜か明日には更新したいと思ってます。(どっちなんだ( `ー´)ノ)

言い訳苦しいですが、とにかく早く更新できるように頑張りますm(__)m
[ 2017/10/13 20:33 ] [ 編集 ]

更新よりも、荒れてるコメントに期待してます。
[ 2017/10/13 20:09 ] [ 編集 ]

無料で読んでるのにああだこうだ言ってる輩こそ笑っちゃうよ。いやほんと。
[ 2017/10/13 20:06 ] [ 編集 ]

作者さんや作品に意見があるなら
『管理者にのみ通知』を使って欲しいです。
コメント欄が荒れたり色々書かれているのを見ると不快に思う人もいると思います。
人それぞれ考え方は色々あると思うので配慮は忘れずにお願いします。
[ 2017/10/13 19:56 ] [ 編集 ]

必ず出てくるフレーズに『嫌なら読まなきゃいい』。この言葉にはいつもながら笑ってしまう。書いた本人も笑ってるみたいだけど。魔法の呪文みたいですね。秀作に出逢えるように駄作にも目を通していかないとね。

etizennya氏の意見に大賛成。真剣に読んでいれば気付くことですよ。この程度のことは。無料で読んでいながら逆に気付かないんですね。有料にすれば気付くのかな。いつもこんなのですよね。終わり方も雑だし。
【ある程度書いてから更新してほしい】こんなコメントの要望に耳を傾けることもなく、一夜漬けで書いて、そりゃ毎日の更新は無理ですわ。準備不足の露呈。作品に対しての愛情を感じないですね。ピックアップされないのも納得です。

テンポよく更新⇒滞る⇒荒れる⇒また再開。このサイクルは何とかなりませんか。作品に集中したいのであれば、その期間だけでもコメント閉鎖とかすればいいのに何もせずにのワンパターン。そりゃ怒られるよ。官能小説を書きたいなら、一人でオナリながらどうぞご勝手に。ただ、披露するならば、それぐらいの心構えは必要ですよ。毎度の負のスパイラル。改心するつもりがないのは本当に残念すぎる。

別サイトでの評価も芳しくなかったですね。ここのランキングに参加している他の作家さんのためにも1位なんだし、しっかり書いてもらいたいですね。〈これで1位!?〉と思われないように・・・。ここのランキングに参加している他の作家さんたちのレベルが低く見られて可哀想ですよ。ランキングの票差ほど、作家レベルの開きがあるとは全然思わないけどね。むしろ負けてるよ。

「エロ小説の作者は謎に包まれてた方がいい」作者自身が言ってるんだし、プライベートの事情は関係なし。言い訳も要らないですよ。ここでの更新がすべて。とりあえず、今は滞る・・・。再開は未定・・・。もうしばらく荒れる・・・。
[ 2017/10/13 19:42 ] [ 編集 ]

イチモツにこれだけ書いたんだし、当然オッパイやヴァギナ描写もあるんでしょうね。

無料とか無断とかコメントを見ても説得力のない言葉ですよ。それを承知でメンメンさんは小説を書いてるんだしね。

だんまりするのはいつものことだし、いつか、しれっと戻ってくるのでその時を待ちましょう。ただ、ご機嫌なときとだんまりのギャップには少しイラッとはくるけどね。
[ 2017/10/13 18:56 ] [ 編集 ]

挑発するようなコメントしてる方々。

そんな文句ばかり言っても、結局は読ませてもらいに来るんだから黙って見守っていたら如何ですか?

呆れるとか言いながら結局読んでる姿はとても残念な光景ですよ。
[ 2017/10/13 18:02 ] [ 編集 ]

無料でこんないいのを読ませてもらってるから何も言えないけど、00日に更新しますって宣言したのにその更新がなくて、それから作者がコメントなんもしなかったら、そりゃあ荒れるわ。更新まで日にち開いてもいいから、期待させるような特定の日更新宣言はやめてほしい。
[ 2017/10/13 17:57 ] [ 編集 ]

一見、知的な分析モドキや正論で批判しているのですが
己の欲望を満たされない苛立ちから、発狂している人にしか
見えないのは、大変に不幸な事だと思います。

無料であるということ以前に、私達は勝手に嗅ぎ付けて来て
無断でエロ小説を読んでいる連中である事を、お忘れなきよう。

呼ばれて来た人や、作者から批判を依頼された方は例外ですが
自分が言われて「嫌な気分になるコメント」は控えたいものです。


[ 2017/10/13 17:30 ] [ 編集 ]

etizenyaさんのコメント。他にもあるんですか。読んでみたいです。どこに載ってるんですか。
[ 2017/10/13 17:15 ] [ 編集 ]

etizenyaさんのコメントは毎回笑える。
もっとコメントしてほしい。
[ 2017/10/13 16:48 ] [ 編集 ]

自作自演のストーリーをコメントに書くのは大丈夫でしょう。作者が次に書きたかったことだとしたら尚更いいと思いますよ。そのコメントのストーリーに乗っかればいいことですし。そこで却下して別のストーリーにしてしまえば、作者自身が考えていた話しを否定することになりますから。同じ事を考えてるんだし、共有すればいいんですよ。
読み手と書き手がシンクロしてることを作者がどう感じるかだけでしょう。難しく考えることもないですけどね。
[ 2017/10/13 15:38 ] [ 編集 ]

更新がないと荒れますね
[ 2017/10/13 14:54 ] [ 編集 ]

etizenyaの人はバ◯ですか?
どの作品にも言えること。
毎回どの作品でも同じ事の繰り返し。
そんなこと言っときながら、ちゃんと目を通してる。笑
文句あるなら読まなきゃいいのに。
コメントみてホント呆れた。
[ 2017/10/13 14:28 ] [ 編集 ]

皆さん、感想や批判は自由だと思いますが希望ならまだしも
こんな展開は?とか自分で勝手にストーリー作ってコメントするのは制作の妨げになると思います。
何かを生み出すのってとてもパワーがいるし、自分たちが考えているより遥かに簡単な事ではないと思います。それをできもしない(できるなら作品作ってアップしてください)人たちが心ない言葉でコメントする。自分はそれを読んでとても不快に思います。早く続きが読みたいなら待つ姿勢で、感想や批判はそれを読んでからにしたらどうでしょうか。
自分も続きを楽しみにしている人のひとりなので。
[ 2017/10/13 14:26 ] [ 編集 ]

おいおい!
無料なのに文句言う奴クズだわ
楽しみに待ってればいいの!
時間かかっても内容濃い方がいいと思います。
[ 2017/10/13 14:13 ] [ 編集 ]

無料で読ませてもらってるのに文句が多すぎですよ。

文句があるならこなきゃいいんですよ。
[ 2017/10/13 08:28 ] [ 編集 ]

短編のつもりで始まった佳代は作者が引っ張りすぎて最終的には111話まで進む。果たしてこの真弓はどれくらい進むのだろう。短編と断ってないから300話ぐらいまで続くのだろうか。

書きたいことを書けるだけ書きすぎて随分と纏りのないことに。どの作品にも言えることかな。着地点はどこにもっていくんだろう・・・。

自分のペースで書いてる割に、更新頻度の粗さ等はどの作品でも毎回同じ事の繰り返し。本来なら書き終える度に色々と進化していくんだけど、成長しないのは学習能力の欠如。はたまた自分のペースに甘えての学習意欲の無さなのか。日々進化していく作品に回り逢えることを強く願いたい。

本当、毎回どの作品でも同じ事の繰り返しですね・・・
[ 2017/10/13 04:12 ] [ 編集 ]

それを上回りましよう!

更新が止まりましたね。考えていたシナリオを先にコメントで書かれてしまったんでしょうね。お気の毒さま!
[ 2017/10/13 03:46 ] [ 編集 ]

こんなんで待たないとか早漏太郎組みには入れんぞ(笑)
[ 2017/10/12 23:55 ] [ 編集 ]

もうまてません!
[ 2017/10/12 23:36 ] [ 編集 ]

是非納得のいくものを

お願いします。
1番悩む所であり、1番楽しい所だと思うので。

2週間くらいは待てます。

んーやっぱり1週間くらい?
[ 2017/10/12 21:40 ] [ 編集 ]

安心してくたさい♪

3話分位の文量で更新されますから・
[ 2017/10/12 12:33 ] [ 編集 ]

次回の更新は、性行為が始まっているものと思われます。
皆さんの期待が大きいだけに、エロシーンの表現など
悩んでおられるのでは?

今月は、よく更新されてるほうだと思いますよ。
[ 2017/10/12 07:44 ] [ 編集 ]

皆さんこんなに更新待ちしているのだから進捗状況を説明してもよいのではありませんか。どこか具合でも悪いのですか?
[ 2017/10/12 00:37 ] [ 編集 ]

本日の更新はありませんか?
[ 2017/10/11 23:51 ] [ 編集 ]

はやくしたい…新田に早く入れて欲しい…
[ 2017/10/11 18:18 ] [ 編集 ]

真弓の胸を揉みまくってほしい。
[ 2017/10/11 14:31 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/11 06:35 ] [ 編集 ]

やっと動きだしてくれて嬉しいです^ ^
早く新田に犯されたい///
[ 2017/10/11 02:04 ] [ 編集 ]

もう何回・・・

連載が再開されてもう何度抜いたことか。

裸で待っていてくださいね、というメッセージの後、
4つんばいで待つように命令してもよかったのになーって思いました。(今のストーリーはこれはこれで良いですけど)

顔も確認せずに、後ろから入れられて気持ちよくなってみたら、実は新田だったとか。

それにしても、いい感じで新田が真弓さんの弱みを握りましたね!
[ 2017/10/11 01:54 ] [ 編集 ]

sさん 名無しさん

ありがとうございます。頑張ります!
[ 2017/10/11 00:26 ] [ 編集 ]

裏切るなんて、そんなこと思ってないですよ(´∀`)

どうか、のびのびと書いてくださいね。
応援しています。
[ 2017/10/11 00:19 ] [ 編集 ]

焦らないで頑張って下さい。
いつも応援してます。
[ 2017/10/10 23:57 ] [ 編集 ]

もう少々……

更新すると宣言したのになかなか更新できず、結果的に裏切るばかりで本当に申し訳ないです(*_*;

もう少々お待ちください……m(__)m
[ 2017/10/10 23:40 ] [ 編集 ]

楽しみな展開になってきました

ドキドキ
[ 2017/10/10 13:48 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/09 23:43 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/09 23:21 ] [ 編集 ]

なまなかだしさん

いつもコメントありがとうございます。

迷惑だなんてそんな事全然ないので大丈夫です!寧ろいつもなまなかだしさんのコメントでモチベーション上がってます。

それなのにコメント返信が少なくて申し訳ないですm(__)m

それと、大荒れになるような展開にはならないので、大丈夫です。たぶん(^-^;

オッパイは……一応真弓は程よい感じの巨乳設定ですからね、オッパイ描写も期待に応えないといけないなぁと思っています。

エッチなコメントを読者の方達に書き込んでもらうと、私も興奮してやる気出ますので(#^.^#)
コメントはお気を使わず好きに書き込んで頂けると嬉しいです(欲望のままにw)。

更新、できる限り頑張るので、これからもよろしくお願いします。

[ 2017/10/09 22:48 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/09 21:53 ] [ 編集 ]

今日か明日

毎度約束守れなくてすみません、今書いてますが、更新は今夜か今日の夜中くらいになっちゃいそうですm(__)m
[ 2017/10/09 21:37 ] [ 編集 ]

はるさん

コメントありがとうございます。

ファンだなんて、嬉しいです。ありがとうございます。
昼間は真面目な○○さん……そんな方に読んでもらえてると思うと僕も興奮しちゃいます。

はい、無理のない範囲で、頑張りますね(^^)
[ 2017/10/09 17:32 ] [ 編集 ]

誤字、教えて頂きありがとうございます。

修正しました。ありがとうございます(^^)
[ 2017/10/09 11:30 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/09 02:45 ] [ 編集 ]

真弓さんは必死の想いで拒否してほしいなぁ。
[ 2017/10/08 22:58 ] [ 編集 ]

今晩も

よろしくお願いします!
[ 2017/10/08 17:38 ] [ 編集 ]

とにかくパンパン朝までやりまくれば!!真っ赤に腫れるまで!
[ 2017/10/08 14:41 ] [ 編集 ]

せっかくの巨乳なんだから。。
[ 2017/10/08 11:11 ] [ 編集 ]

今度は真弓の胸のサイズで話を。。
[ 2017/10/08 10:15 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/10/08 08:19 ] [ 編集 ]

おはようございます

あぁん♡亀頭で押し広げられたいっ(真弓さんのおまんこ)

早朝の更新、ありがとうございます

とうとう新田の勃起したペニスが現れましたね
フェラなの?いきなりズブリっなの?
真弓さん… 我慢できるわけナイよね⁉
[ 2017/10/08 07:51 ] [ 編集 ]

すみません、結局朝になっちゃいましたm(__)m

あーだこーだと、エッチな気分で朝まで書いたり書き直したり……でも遅すぎですね。待ってた方ごめんなさい。

今夜も一応更新目指します。
[ 2017/10/08 07:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/944-2ca302b6