FC2ブログ














官能小説 居候と人妻 真弓(64)

最初から読みたい方はこちらから


「ホントだよなぁ、1年セックスできないとか俺なら耐えられないわ。」


「いやマジで真弓さんどうしてるんスか?」


「あ、あのね皆、さっきから言ってるけどそういう事は……」


「あ~分かった、どうせ一人でヤッてるんでしょ?それしかないですもんね。」


立て続けにそんな事を聞かれ、恥ずかしくて何と答えていいか分からなくなる真弓。

会社員時代の自分なら酔っ払った男性上司に同じような事を聞かれても下らないセクハラとしてさり気なく受け流す事ができたかもしれないけれど、今の自分は変に色々と意識してしまい恥ずかしくなってしまう。

私って、そんなにイヤらしい女に見えるのかな?


「ハハッ、真弓さんまた顔赤くなってんじゃん。」


「やべぇ、真弓さんイジるの楽しくなってきたわ!可愛過ぎるな!」


「真弓さん、もし色々溜まってるなら俺が今夜お相手しましょうか?」


「ちょ、ちょっと、何言って……」


〝今夜お相手しましょうか?〟


新田に冗談っぽく笑顔でそう言われた真弓は、さらに顔を真っ赤にして胸をドキドキさせてしまっていた。

新田は笑っているけれど、目だけはギラついていて、真弓にはそれが冗談には聞こえなかった。

そして真弓は一瞬だけ想像してしまった。

今日会ったばかりの新田とセックスをしてしまう自分の姿を。

Tシャツの上からでもハッキリと分かる新田の逞しい肉体、筋肉質な太い腕と、大きな手。

それらを見て、思わずゴクリと生唾を飲み込んでしまう真弓。

新田は真弓よりも年下でまだ学生だが、話を聞く限りセックスの経験は真弓よりもずっと豊富そうだった。


「……」


しかしそんな想像している内に自分の身体がドク……ドク……と脈打つように熱くなり、下腹部が疼き始めたのを感じて、真弓はすぐに我に返って頭を横に振った。


――ダメ!私なに考えてるのよ!――


――そんな事想像しちゃダメ……!――


正直真弓は新田達に対して悪い印象は抱いていなかった。

話をしていても楽しいし、少しヤンチャな感じはするけど良い子達だと思う。

新田の言っている事も本当は冗談で、自分の考えすぎなのかもしれない。

でも若い男達の性欲は半端じゃない。

真弓自身も性欲で自制が効かなくなる感覚を知っているだけに、これ以上新田達に勘違いされるような事はしてはいけないと思った。


「あれ~真弓さんどうしたんスかぁ?もしかしてマジで欲求不満な感じっスか?」


思わず卑猥な想像をしてしまっていた真弓の顔を覗き込んでニヤニヤする新田達。


「ち、違っ……もぉ~大人をからかうのもいい加減にしてっ、皆飲み過ぎだよ、本当に、私もう片付けするからね。」


そう言ってお酒を飲んでいたグラスを置いて、図星を突かれた事を誤魔化すように立ち上がる真弓。


「ハハッ、真弓さん冗談ですって~、これくらいの事でそんな恥ずかしがらなくてもいいじゃないですかぁ。」


「と、とにかく、私は片付けしてくるから、皆ももうこれ以上は飲み過ぎないようにねっ。」


真弓が顔を赤くしながら逃げるように部屋を出ていくと、新田達は

「真弓さんは純情だなぁ」

「やべぇ真弓さんの恥ずかしがる顔、超可愛いし最高だな」

「お~い真弓さんどこ行くのぉ?その恥ずかしがってる顔、酒が進むんでもっと見せてくださいよぉ!」

と、また真弓をからかうような事を言ってゲラゲラ笑っていた。

そんな声を無視してキッチンに戻って来た真弓は、自分を落ち着かせるために冷たい水を飲んだ。

冷たい水がお腹に入っていくと、自分の身体が火照っているのがハッキリと分かる。


――やだ……酔っ払ってるのは私の方なのかも……新田君達が言ってる事なんて全部冗談に決まってるのに……――


しかし一度セックスを想像して熱くなってしまった真弓の身体は、簡単には冷めてはくれなかった。

昼間に拓実と中途半端にセックスをしてしまった事も影響している。

あの自分ではどうしようもできないようなムラムラ感と身体の疼きが再び真弓の身体を襲っていた。

そしてダメだと思っていても、頭の中ではどうしても卑猥な事を考えてしまう。

新田の、あの身体を舐めるように見てくるイヤらしい視線。

好意というより、性の対象として見られているあの感覚に、なぜか身体が熱くなってしまう。

この前の映画館での出来事と同様に、真弓はそんな自分自身に戸惑いを感じていた。


――もぉ……私の身体、どうなっちゃってるのぉ……――


思わずキッチンでモジモジと身体を動かして内ももを擦り合わせてしまう真弓。


――ああ……うそ……私また……どうしよう……ハァ……――


発作のように突然発情し始めてしまう自分の身体に頭を抱える真弓。

しかし身体の疼きは昼間よりも深刻で、しかもその疼きが自分の意思とは関係なくどんどん大きくなってくる。

それに加えてアルコールが身体に回っているから、余計に自制が効きにくくなっていた。

アソコが熱くてウズウズして堪らない……。


――ハァ……ハァ……ああ……もうダメ……我慢できない……――


そしてとうとうアソコの疼きに堪えられなり、なんとその場で自らスカートの中に手を入れてしまう真弓。


――ちょ、ちょっとだけ……少しでいいから……したい……オナニー……じゃないとおかしくなりそう……――


ここがキッチンだという事も忘れて、大胆にスカートの中に手を入れ、パンツの上からアソコを触ろうとする真弓。

しかし、こっそりとオナニーを始めようとした丁度そのタイミングで、あの男の声が真弓の耳に届いた。


「お~い真弓さ~ん、そんな所で何してるんですかぁ?」


「……えっ!?」


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 吉井香苗
官能小説 青春の人 佳代ちゃん
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 成宮恵理
家庭教師 小森千佳
官能小説 居候と人妻 真弓【未完】
官能小説 人妻 響子【未完】
【寝取られ】人妻 優子【未完】
官能小説 痴女子大生 志乃【未完】
短編
官能小説ランキングへ
[ 2017/08/20 ] TB(0) | CM(5)

官能小説 居候と人妻 真弓(63)

最初から読みたい方はこちらから


「真弓さんってどこの大学出てるんですか?」


「○○大学だよ。」


「お~やっぱ良い大学出てるんスね~、頭良さそうな感じするもんなぁ。」


「そんな事ないけど……」


「俺達みたいなチャラい大学生とは大違いだな。」


「旦那さんはどんな人なんですか?やっぱり真面目でお堅い感じの人っスか?」


「ん~そうでもないよ、不真面目って訳でもないけど。」


「やっぱり旦那さんも真面目な人だよなぁ、あ、もしかして真弓さん初めて付き合ったのが今の旦那さんでそのまま結婚した感じですか?」


「ううん、そうじゃないけど……」


「へぇ、じゃあ結婚するまでに何人と付き合った事あるんです?」


「え……う~ん……皆私のそんな話に興味あるの?」


新田達は酒を片手に真弓を取り囲むようにして質問攻めしていた。

酒を強引に飲まされてグッタリしていた拓実は蚊帳の外。

真弓は横目で拓実を心配そうに見ていたが、新田達3人は真弓にしか興味がないようで、ひたすら真弓に話しかけ続けていた。

なんだかこんな風に男の子達に話しかけれていると、まるで合コンにでも来ているかのような気分になってくる。

でも真弓は不思議に思っていた。

真弓は既婚者で歳も新田達よりも大分上だ。

拓実は例外だとして、普段大学で若い女の子達と関わっている新田達が既婚者である自分に興味を持つとは思えなかったのだ。


――この子達、私の事をからかってるんだろうなぁ、この場に女が私一人しかいないから――


――美人だとか、やたら褒めてくるのも……年上の女をからかって楽しんでるんだよね、分かってますとも――


「何言ってるんですかめちゃくちゃ興味ありますよぉ、真弓さんの話もっと聞きたいです。」


「ホントかなぁ、私の話なんて面白くないでしょ。」


「そんな事ないですって、で、今まで何人と付き合った事あるんですか?大学時代彼氏いたんですか?」


そう言えば拓実君にも以前同じような事を聞かれたっけ。


「大学の時はいたよ。」


「それが初めての彼氏?」


「そうだね。」


「じゃあ真弓さんの初セックスの相手はその彼氏って事っスか?」


「えっ!?」


何てことを聞いてくるんだろうと思ったけれど、これも拓実に聞かれた事があったのを思い出した。


「ちょ、ちょっと……変な事聞かないで、新田君酔っ払ってるでしょ?」


「いいじゃないですか、それくらい教えてくださいよぉ。」


「ダ~メ、そんなの言える訳ないでしょ~」


卑猥な事でも平気で質問してくる辺り、やっぱり舐められてる。

若い男の子達とお酒を飲むのは楽しかったけど、拓実君も飲み過ぎちゃったみたいだし、もうこの辺で終わりにしておかないと。


「なんだよ真弓さんノリ悪いなぁ、下ネタはNGな感じっスか?」


「そういう訳じゃないけど……あ、もう私、そろそろ片付けしないと。」


そう言ってその場で立とうとする真弓。

しかし新田達はそんな真弓を制止した。


「え~真弓さんまだまだこれからでしょ、もっと飲みましょうよ、せっかく楽しくなってきたのに。」


「そうそう、真弓さんの恋愛遍歴とか教えてくださいよ、俺達恋愛経験少ないから参考にしたいんですよ。」


「またそんな事言って~、興味ないでしょ、本当は。」


「ありますって、恋愛もそうだけど、性遍歴なんかも。」


「それな、真弓さん美人だから超気になるわ。」


「あのね、初対面の女性に対して普通そういう事聞く?皆酔っ払い過ぎだよ。」


「ハハッ、だって真弓さんなら答えてくれそうなんですもん。すげぇ優しいし。」


やっぱり舐められてる。

こういう場合、どういう対応をするのが正解なのか真弓は分からなかった。

適当に話を合わせて、あとは年上らしく軽くあしらってあげればいいのかな。


「もぉ……新田君達はエッチな話が好きなのね。男の子だから仕方ないか。」


「ハイ!めっちゃ好きです!ていうかそんな事ばっかり考えてます!」


「そうなんだね~若いね~。」


「あれ、真弓さん俺達を子ども扱いしてるでしょ?」


「そんな事ないけど、若いなぁと思って。」


「若いとか関係ないでしょ。ほら、女性の場合真弓さんくらいの年齢の方が性欲強いらしいし。」


「そうそう、人妻は欲求不満でエロい人多いって聞くよな。」


「そ、それは……」


「そうそう、真弓さんも本当はエロい話とか好きなんじゃないですか?」


そう聞かれて真弓は最近の自分を思い出してドキっとしてしまった。

セックスは好きだし、拓実君とエッチばかりしてるし……欲求不満なのも確かに当たってる。

でも〝うん、好きだよ〟なんて言ったら新田達に勘違いされてしまうから、もちろんダメだ。


「も、もぉ……大人をからかわないで。」


「うわ、真弓さん顔赤くなってるじゃないですか!もしかして図星っスか?結構ムッツリスケベな感じですか?」


「ち、違います~、これはお酒のせいだから。」


「真弓さんみたいな真面目な人ほど意外と……ってパターンは多いからなぁ。」


「見た目からあからさまにヤリマンな奴より、インテリっぽい真面目な女の方がエロい事多いよな。」


「そうそう、真弓さんみたいな感じのな。」


「もぉ……皆何言って……」


「うわ、また顔赤くなった!やっぱ図星じゃないっスか!恥ずかしがってる真弓さん可愛いっスね。」


「ちょ、ちょっと……そんな事……」


若い男の子達を軽くあしらうつもりが、すっかり新田達のペースに嵌って追い詰められてしまう真弓。

年上の落ち着いたお姉さん的な振る舞いをするつもりが、まるで大学の新入生の初心な女の子のように扱われてしまっている。

そして、そこでようやく真弓は気づいた。

自分を見る新田達の目の色に。

3人とも、とてもイヤらしい目で自分の事を見ているような……。

酔っ払っているからかもしれないけど……凄く性的な目で見られているような気がする。

まだまだ子供で、冗談でエッチな話をしているだけだと思ったのに……今真弓を見ている3人の目は完全にオスそのものだった。

中でも特に新田は、まるで野獣が獲物を見るかのような目で、真弓の身体を下から上まで舐め回すように見ていたのだ。

そしてそんな新田が、ついにはこんな事を聞いてきた。


「ていうか真弓さん、旦那さん1年も単身赴任って結構ヤバくないですか?セックスできないじゃないですか。」


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 吉井香苗
官能小説 青春の人 佳代ちゃん
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 成宮恵理
家庭教師 小森千佳
官能小説 居候と人妻 真弓【未完】
官能小説 人妻 響子【未完】
【寝取られ】人妻 優子【未完】
官能小説 痴女子大生 志乃【未完】
短編
官能小説ランキングへ
[ 2017/08/14 ] TB(0) | CM(17)

官能小説 居候と人妻 真弓(62)

最初から読みたい方はこちらから



「そうだよ拓実、お前が浪人やってる間に慶介も裕太(拓実の同級生)もみんな童貞捨てちまったぞ、まだ童貞なのはお前くらいじゃねぇか?」


新田達にそう言われ、拓実は少し動揺したような顔で真弓の方をチラっと見た。

真弓もその拓実のその視線に気づいて、気まずくなる。

まさか〝実は真弓さんと毎日のようにセックスしてます〟なんて拓実が言えるわけがない。


「どうするよ拓実、俺が風俗にでも連れて行ってやろうか?」


「い、いや俺はそういうのは……」


「遠慮するなよ、最初の一回くらいは俺がおごってやってもいいぞ?」


「さすが新田さん、童貞の後輩に風俗おごってやるなんて器が大きいっスね。」


「だろ?可愛い後輩の拓実には早くセックスさせてやりてぇしよぉ、な!拓実、今度一緒に行こうぜ。」


「はぁ……でも……」


「でもじゃねぇだろ、お前も早くセックスしたいだろ?」


「……したい……ですけど……」


「どうせお前の事だからオナってばっかで勉強もできてないんだろ?」


「そ、それは……」


「真弓さんどう思います?拓実もさっさと童貞捨てちまった方が勉強にも身が入ると思いませんか?」


突然話を振られ、真弓も動揺する。

真弓もまさか〝拓実君の初めてはすでに私と済ませて……〟なんて言えるわけがない。


「私は……よく分からないけど、拓実君はちゃんと勉強頑張ってるよ。」


聞かれた事をやんわりと受け流して、疑われないように平静を装う真弓。


「いやいや、コイツ意外と性欲強いですからね。真弓さんも気を付けた方がいいですよ、その内拓実に襲われちゃうかもしれませんよ。童貞のセックスへの執着心は半端ないですから。」


「てか拓実も大変だろ、こんな美人な人妻さんと一緒に住んでたらムラムラしっぱなしじゃねぇのか?いくら真面目でも拓実もオスだからなぁ。」


酔っ払った顔で笑いながら冗談っぽく言う先輩3人に、拓実は何とも言えない顔をしていた。

困っている拓実を見て、真弓が気を使ってフォローする。


「ちょ、ちょっと、みんな変な事言わないで。拓実君はそんな子じゃないから。」


と言いつつも
――そういえば拓実君、私のパンツ盗んだりしてたっけ…――
なんてことを思い出してしまう真弓。


「まぁ拓実は顔はイケメンだし、大学行ったら女なんて飽きるほど喰いまくれるだろうけどなぁ。」


「無理っスよ新田さん、拓実の性格じゃそんな事できないですって、新田さんじゃあるまいし。」


「おいおい、その言い方じゃ俺がまるでヤリチンみたいじゃねぇか。」


「え、違うんスか?」


「お前らなぁ、俺は女に対しては紳士だっての。あ~知らないんだな、俺が女をエスコートするのすげぇ上手いのとか。」


「え~そうなんスか、俺が知ってる新田さんは女に対してはとにかくドSってイメージしかないんスけど。ほら、高校時代も相手チームの女子マネージャー喰いまくってたじゃないスか。」


「あれは若気の至りだなぁ、あの頃は俺サルだったから。
でも今の俺は超紳士よ、マジでエスコートするのすげぇ上手いから。俺とデートした女は皆気づかない内にラブホ入っちまうから。そこまでの過程が超自然だからな。」


「ハハッ、なんスかそれ、結局ヤリまくってるのは変わってないじゃないっスか。」


「まぁそうなんだけどな、ハハハッ!てかマジで大学の女って皆簡単に股開くよな?特に女子大とかよ、あれヤバくねぇか?全員ヤリマンだろ。」


「いや俺そんな喰えないっスよ、新田さんが特別なんじゃないっスか?」


「お前らもまだまだ修行が足りないんだな。」



――この子達、凄い会話してる……――


真弓は新田達の会話を聞きながら、なるほど、新田君はそういう男の子なのね……と、察した。

そういえば自分の大学時代を思い出してみても、そういう男の子達はいた。

女の子の身体ばかり狙っているチャラい男達が。

真弓も学生だった頃はそういう男達によく声を掛けられたりしたものだったが、当時の真弓はそういう男達に全く興味がなく、相手にすらしなかった。


「真弓さんはどうなんですか?大学の頃は結構遊んだりしてたんですか?」


「えっ?私……?私は全然、そんな事……」


「え~嘘だろぉ、真弓さんなんて美人だから絶対モテたでしょ。」


「そんな事ないよ、私地味だったし。」


「いやいや、地味とか言ってもその美貌は隠しきれないでしょ~」


「こんな美人さんがいたのに放っておいた周りの男達無能過ぎません?」


「真弓さんの学生時代とか絶対可愛いよな、今も美人だけどさ。」


そして話題が拓実から真弓中心に回り始めた頃、酒で酔っ払っているのもあるのか、そこから新田達の真弓を見る目の色が徐々に変わり始めた。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 吉井香苗
官能小説 青春の人 佳代ちゃん
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 成宮恵理
家庭教師 小森千佳
官能小説 居候と人妻 真弓【未完】
官能小説 人妻 響子【未完】
【寝取られ】人妻 優子【未完】
官能小説 痴女子大生 志乃【未完】
短編
官能小説ランキングへ
[ 2017/07/22 ] TB(0) | CM(4)